アトピー改善や保湿は化粧品で決まる|I LOVE肌ケア

女性

保湿が肝心

肌にあった化粧品を使う

美容

乾燥肌とデリケート肌は表裏一体です。デリケートな肌ほど乾燥しやすく、スキンケアをするときに化粧品の刺激でかぶれやすくなります。乾燥肌が深刻化したのがデリケート肌といえます。 乾燥肌でもデリケート肌でも、スキンケアをするときは自分の肌にあった化粧品を選ぶことが大切です。洗顔フォームには界面活性剤が含まれているので、洗顔は固形石鹸がおすすめです。熱いお湯を使うと皮脂が落ちすぎてしまうので、水かぬるま湯で洗うようにします。ごしごしこすったり、マッサージをしすぎるのも禁物です。 そして洗顔後はたっぷりの化粧水で保湿をします。スキンケアアイテムは最初はトライアルセットや無料サンプルなどを試してみて、自分にあったものを使用することが大切です。

化粧水を浸透させるコツ

乾燥肌の人は洗顔後は保湿効果の高い化粧水や美容液をたっぷり使うスキンケアが基本となります。保湿効果が高いいわゆる「しっとり系」の化粧水はトロミがついたものが多いですが、あまりトロミがついていると肌への浸透力が低下することがあります。トロミよりも美容成分で選ぶことが大事です。 化粧水を肌の深層部まで浸透させるのに有効なのが美顔スチーマーです。美顔スチーマーがない場合は蒸しタオルで応用できます。洗顔後に清潔な蒸しタオルで顏を覆って一分くらいおくと、毛穴が開いて化粧水の浸透率がアップします。 また、美容液のコットンパックも効果があります。コットンパックの上からラップを巻けば美容液の成分が逃げるのを予防できます。